【仮面ライダーBLACK】ランナーレビュー「フィギュアライズスタンダード」

フィギュアライズ

今回は通販でしっかりちゃっかり予約しておいた【Figure-rise Standard 仮面ライダーBLACK】が到着したのでそのランナーレビューをしていきます。

仮組みとかしようと思ったら夜になっていたぜ…

しかし僕は「仮面ライダーBLACK」は直撃世代なので嬉しい限りです、この調子で「シャドームーン」や「仮面ライダーBLACK RX」とかも出て欲しいですねぇ。

スポンサーリンク

色分け不足は主に黒いライン

Aランナー・ボディや頭部・細かいライン

多色成形となるAランナー。

色で言うと黒と赤のパーツ分けになっています。

正確に書いていくと左側が各ボディ・リストのライン色分け、右下がクリアレッドで複眼・ベルトのパーツとなっています。

黒についてはこれまた実は複数あり、右上部の複眼部の下地となる黒はグロスインジェクション成形になっています、光沢塗装する際にとてもイイ…これは見事としか言いようがない采配。

そしてボディ部分などはザラっとしたつや消しになっています、スーツの質感が素組みでも楽しめる様になっていますね。

ヘルメット部分のパーツはつや消しではなく通常の仕様。

Aランナーのこだわり…!ゴルゴムの仕業!!

Bランナー・手足

各手足のボディースーツ。

こちらは至って普通のKPS製となっています。KPSなのでこちらもつや消し感がしっかりしています。

太ももや腕はスライド金型によって1発抜きされています、どうしても合わせ目問題が出る場所なので有り難いですな。

Cランナー・茶色い関節

Cランナーはブラック特有の茶色い繊維質な関節パーツとなっています、構成も普通な感じですな。

Dランナー・イエローのライン

ブラック特有の「赤と黄色のライン」を再現する為のイエローランナー、蛍光イエローっぽいかなり明るい色で成形されています。

この黄色は好みが分かれそうですね。

Aランナーのレッドと組み合わせてラインを再現するのですが、間に挟まる黒色がシール再現となっています、ただ足りないのが黒かつディテールでラインが出ているので塗装難易度は低いかと、お手軽コースならガンダムマーカー油性スミ入れペンでちょちょっとやればキレイにできそうです。

Eランナー・シルバーのエクストラフィニッシュ

銀色でエクストラフィニッシュされているランナー。

結構粒子の荒いシルバー感になっています、頭部・腰・ベルト・触覚などが付いています。

触覚折らないようにしなければ…(汗)

ベルトはシールが付いていますがこだわりたい場合は爪楊枝でちまちま塗りたい所ですね。

シール

そしてシール、各部のラインに差す黒がメインとなっています、胴体下部のホワイトのシールはお好みでと取説に記載がありました、僕は折角だしエクストラフィニッシュ仕様のシルバーがいいかなぁ派です。

額の赤い点や触覚の先端のレッドもシール付属ですがここはガンダムマーカーとかでもいいので塗料を取って爪楊枝などで塗るとグッと見栄えが良くなりそう。

ベース

いつもの…こう言うしかありません(汗)

コメント

タイトルとURLをコピーしました