愛用ツール【OLFA アートナイフプロ】

スポンサーリンク
iconicon
スポンサーリンク

本日は愛用している工具の中でも【切削ツール】の紹介をしていきます。

スポンサーリンク

よく切れ、よく削れる、模型の地道な作業を支えてもらう

取り回し良好

【OLFA アートナイフプロ】

タミヤのデザインナイフやモデラーズナイフは元々OLFAのOEM品である事は有名かと思われます。

元のOLFA品だと多少安く購入出来るのでこだわりが無い方はOLFA品で買うのもいいですね、タミヤのデザイナーズナイフプロだと黒い本体が高級感あってデザイン性が良いです。

本題のアートナイフプロですが大きさとしてはデザインナイフ<アートナイフ<アートナイフプロ、といった感じでアートナイフプロが最上位モデルとなっております。

今までタミヤ デザイナーズナイフ(OLFAだとアートナイフ)でパーツを作業、デザインナイフはデカール作業で使用しておりましたが、最上位モデルの憧れからお試しで購入してみました。

購入したのはホームセンター、OLFA版だと模型屋さんじゃなくても本体や替刃って買えちゃうんですよねぇ。

実際の切れ味・使い心地としては「とても良い!!」ってな感じです、流石最上位、プロの名は伊達じゃない!

おいさん的に1番恩恵を感じた部分、それはゲート等、パーツをエグりにくい!って部分です、要するに取り回しが凄く良くて失敗しにくく均等に削っていけるんですね。

刃を当ててバリを削っていく過程で今までパーツをエグってきましたがアートナイフプロだとエグる確率は相当減りました。

取り回しの良さに加え、刃の角度とかその辺りが洗練されているのかな?と思います、バリを削る時に刃を当てた感覚で凹凸を感じる事もありますね。
また刃も丈夫なので切れ味を長くキープできます。

替刃

替刃についてですが、替刃の種類が豊富で一般的な直線刃、曲線向けの曲線刃、カンナの様な平刃、切断用のホビーノコギリ刃…などなど色々あります。

デメリットとしては替刃のお値段が結構する事ですねぇ、直線刃の替刃が5本で250~300円します、デザインナイフ基準で考えると目玉飛び出る(;^ω^)

刃が長持ちするのでヨシとするもやはり貧乏性のおいさんはモデラーズナイフとアートナイフプロの二刀流に落ち着きました。

太いゲートや処理が難しそうな場所はアートナイフプロ、ちょっとした部分はモデラーズナイフを使用しています。

オススメ品です

デザインナイフはニッパーと同じくらいの頻度で使用するアイテムなので少しこだわってみるのも良いかと思います。

お古はデカール用など他作業用に回せますしね(*´ω`*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました