【簡単フィニッシュ】ヘアアイロンでランナーから成型色プラ板を作ろう!

ランナープラバン…プロモデラーである「セイラマスオ」先生がよく使うアイテム。

タグや棒部分を削り出し、成型色と同じ色・同じ材質にてディテールアップを施せるという物。

簡単フィニッシュで仕上げる場合にディテールを足すならば避けては通れない道ですねぇ。

しかしこのランナー削り出しは慣れていないと中々、というかかなりしんどいです、自分もマネしましたが骨が折れる作業で1枚のタグを作りだすのに疲れます(;^ω^)

タグからの削り出しも厚みがどうしてもあり、更に削っていかないと…となりとても大変。

そこでネットで耳にした「ヘアアイロン」を利用してのランナープラバン作成。早速試してみました!

モデルを選べば安くできる!

とりあえずお試しなのでAmazonで安くて丁度良さそうなヘアアイロンをセレクト。

温度は180℃辺りが良い感じですね。私はお試しで1000円くらいのモデルにしましたが3000円くらいのモデルのが良さそうです、理由は後述にて。

やり方は簡単、ヘアアイロンの発熱部分にランナーを置いてプレスしスイッチオンにして熱で溶けるのを待ちます。何かで挟んでも良いですし、手でホールドしても良いです。

2分くらいすると板状になるのでスイッチをオフにしてそのまま冷めるのを待ちます。冷めたらアイロンを開きプラバンの完成です。

ただ180℃になるのでヤケドには注意ですよ!

ヘアアイロンでプレスして作ったプラバンがこちら。ランナーは「HGAC ガンダムヘビーアームズ」の成型色を全色分作ってみました。

使用したのは平らなタグ部分ではなく棒状のランナー部を二本並べてプレスした物となります。

赤のプラバンは写真右のホームセンターで100円くらいの部材を使用して厚さを調整してみました。

このL字金具が0.5mmくらいの厚さでプラバンも0.5mmの厚さで出来上がりました。抑えるのは写真でプラバンを挟んであるクランプの大きいやつを使ってます。セリアで買ったものです。

次はスペーサー無しでプレス、そうすると0.3mmほどの厚みのプラバンが出来上がります。

使いやすい方の厚みのプラバンを作りましょう。でもランナーなら山程あるから量産してもいいですね(*’ω’*)

私が買ったヘアアイロンでは発熱部に色移りが発生しました。プラバンにも若干色がついちゃいます。

しかし表面だけで少しヤスリをかけると取れるのであまり気にはなりません、どうせヤスリがけはしますしね。

3000円くらいのだとテフロン加工とかしてるみたいなのでそちらだと色移りしないのかな?結構長く利用しそうなので次はちょっといいの買う予定です。

塗装予定のヘビーアームズ君ですがディテールアップする時に一応このプラバンでやってみようと思います。

今後簡単フィニッシュで作る時に幅がグンと広がったので良い買い物と経験になりました(*’ω’*)

コメント

  1. しょっち より:

    コテがこんな所で活かされるとは・・・驚きです∑(゚Д゚)

タイトルとURLをコピーしました