スポンサーリンク
iconicon

「スーパースムース」「フラットクリアープレミアム」希釈や塗り方

彗星の様に現れて、各モデラーさん達から高い評価をうけているフッ素配合塗料。

最初はクレオス「スーパースムースクリアー」が登場しました、私も発売時にお試し購入して、仕上がりに驚いたものです。

後にガイアノーツからも徳用ボトルである「Ex-フラットクリアープレミアム」が発売されました、半光沢のセミグロスも発売されましたね。

スポンサーリンク

クレオス スーパースムースクリアーを発端とした“フッ素配合”クリアー塗料。

今までのつや消しとは違う文字通りスムースでなめらか・しっとりとしたつや消しになる塗料。

キメの細かさにより美少女プラモなどでも大活躍中のトップコートですね。缶スプレータイプも登場し、エアブラシを持っていない方でもこの仕上げが出来るようになりました。

個人的に徳用ビンのガイアノーツEx-フラットクリアープレミアムをよく使います。スーパースムースクリアーと良く似た仕上がりですしやはり大入り瓶は気持ちに余裕ができます。スーパースムースもストックがあるので機を見て使っていきたいと思いますね(*’ω’*)

スーパースムースの方がキメの細かさとなめらか感は少しだけ上な気がします。

既存で使っているEx-フラットクリアー+クレオスなめらかスムース添加剤1瓶混ぜはやはりクセが無く、安定した強い塗膜を作れるのでこちらもやはりとても良いです。

愛用のトップコートの過去記事もよろしければどうぞ

今回はフッ素配合塗料についてもう少し詳しく掘っていきます。

クレオス、ガイアノーツ共にとても大きな仕上がりの違いは見当たりませんが、ガイアノーツのフラットプレミアムは白濁としており、最初は白くなるんじゃ?と不安になりますが、乾燥すればちゃんと透明になります(凄く厚塗りしなければ)

フッ素入トップコートが上手くいった大昔に作ったMGパーフェクトガンダムの中の人。

フッ素配合の特徴

フッ素というと歯磨きやフライパンの焦げ防止加工等で有名ですが、塗料にフッ素を配合するとどうなるのか?という事ですが

平滑な面にできる
塗膜を薄く出来る
摩擦でかかる力が減り、摩擦に強い
白カブりしにくくなる

といった感じです、実際に吹いてみると確かになんとなくですが理解出来る方もいらっしゃるのではないでしょうか?

肌触りが非常にサラリとしており、確かに摩擦係数が下がっていそうだなぁ、っていうのは実感しやすいですね。

塗膜にすぐキズが入る

これが私が直面した問題、トップコートを終え、組立てたキットのポージングをしてるとあちこちにパーツ同士の擦れキズ(軽く接触する程度の部分で)や爪が当たった後など…(-_-;)

これは困ったと、解決策を考えてみるものの大した案は見つからず…1度はフッ素入は止めようとも思いました。

何度か試行錯誤をした結果のレポートとなります。昔のキットをコート目当てで掘り出し、100均で試験用プラスプーンを買い1日に何度もエアブラシと塗装ブースを出しては片付けをする日々。

成功例・1:3シャバシャバ塗り重ね・1:1にしても基本は同じ

結論としては「薄吹きすぎた」のと「適切な吹付け量ややり方が出来ていない」事でした。

それと練習にはガイアノーツ「Ex-フラットクリアープレミアム」の方を使用し、コンプレッサーはクレオスL5をそのままの圧力でやりました。

プラスプーンを2ダース程塗り終えての感想です、またつや消し具合や希釈・吹き方は個人でやり方環境が違ってくるのでどうしても誤差が生じ、絶対コレ!という訳ではありません。

まず思い立ったのがシャバシャバ塗装、塗料1:うすめ液3まで希釈、それをまずは軽く砂吹きをしてから垂れたり流れないように塗り重ねていきます。乾燥が早く「レベリングうすめ液」でもガシガシ乾いていきます。

垂れないように少しずつ様子を見ながら3~4回塗り重ねて乾燥しだした表面の具合をみて合否を決めます、しっとりとした上品なつや消しになってたらOKですね。ちょっとガサっとしてそうな面だと足りない証拠です。

薄めて塗り重ねだと塗膜が垂れるか心配ですので気を付けながら塗り重ねていきましょう。焦るのは禁物ですよ( ・`д・´)

私の失敗例は塗り重ねが甘く、塗膜がしっかりと形成されていなかった訳ですな。

そして最近コツを掴んだ濃い希釈での塗装法、と言っても上述のシャバシャバとやる事はほとんど変わりません(;^ω^)

希釈は大体1:1.5で塗料が濃い目な事を意識して少し吹き付け量を抑えてこれまた塗り重ねるのみ!濃いめだと更に乾燥が早いので「レベリングうすめ液」「ブラシマスター」などリターダー入りでの希釈推奨です。

上の画像、左が1:3右が1:1で塗り重ねていった物、ツヤの違いは分からない感じですね、肌触りも同じ感触です。もうちょっとコートすればもっとなめらかだったかな?とも思います。

また「光沢クリアー」を少し混ぜてツヤを調整するのも良いです。「Ex-クリアープレミアム」には半光沢が用意されていますが、その中間を攻めたい時などに。大体10%~15%混ぜると少しツヤが強まります。

コートに慣れていたり得意な人にとっては当然だったりタメにならなかったりかもですが、これからフッ素トップコートが更に流行し同じ悩みを抱えた人の助けになると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました