メタルビルド「プロヴィデンスガンダム」モデラー目線で見てみる

スポンサーリンク
ガンプラ情報

今回はガンプラ以外からのガンダムアイテム、大人気シリーズ「METAL BUILD」からの記事になります、畑違いの様ですが造形・塗装といった面で大きく参考になる所があると思います、実際僕はガンプラ作るメタルビルドを意識する事があります。

なんだかんだ色々言われていた放送時からMSとキャラクターについては申し分無しと思っていたガンダムSEED(個人的感想・今はストーリーも好き)ですが、METAL BUILDから遂に「プロヴィデンスガンダム」が登場しますねぇ。

「ストライクガンダム」「フリーダムガンダム」「ジャスティスガンダム」とMETAL BUILDでTVシリーズ無印ガンダムSEEDからの展開は多いですね、シリーズに向いているデザインの方向性ですしね。

僕はSEEDのMSだとやはり「フリーダム」と「プロヴィデンス」が大好物ですね。流石に買えないですが見てるだけでもたまりませんねぇ。

ディテール…圧倒的ですね。

「METAL BUILD」シリーズらしく大きくアレンジされておりかなりのハイディテールになっています。

MGもディテールがかなり多く、アレンジが効いていましたがそれよりも更に手を伸ばした印象です。

グレーも僅かにメタリックの風味が乗っており、アクセントとしてもメタリックカラーが使われており、メカニカル感が高く出ています。

タンポ印刷によるマーキングも個人のガンプラ製作ではどうしても手を出せない部分でもありますね。

頭部造形に関しては「プロヴィデンス」の最高峰と言える出来栄えかなと思っています、僕個人としてはこれを見た後MGを見るとイジりたくなります。

MGの正面、下半身の密度感はMGも引けを取っていませんね、METAL BUILDは様々な色でパネルライン色分けされていますが造形自体はMGもかなりの物です。

MGでも大分アレンジが効いていると言われていましたがMETAL BUILDとはやはり全然別物ですね、設定的にはMGのがそりゃ当然近いですが。

また頭部に関しては黒いバイザー部分の形がそもそも異なるレベルですね。METAL BUILDはよりフェイス部分が見えるようにデザインされています。

またそれによりフェイスのマスク部分の形状も主張が強く、イケメン度が高いですね、ここはMGを改造する時に大きな参考となりそうです、僕は積んでるの作る時参考にします。

全体的な濃いグレーの塗装もかっこよかですね、この塗装はメタルビルドならではの高級感ある塗装ですね、こちらについてはデコマス(塗装完成見本)を製作した方が塗料についてポストされています。

全体図を見るとアレンジの中でもとても特徴的なのがバックパックの「超」大型化。

背中からだと足先しか見えないサイズ感ですね、取り付け位置も上杉ず下過ぎず、このアレンジの中で丁度いい所になっているかなと思います。

大型の3基のドラグーンユニットの天頂部を見ると頭頂部を遥かに越えてかなりの高さになっているかと、横に収まっている物もかなり突き出た形になっています。

実物を見たらその大きさに圧倒されそうですね、これで自立できるのか…

こちらはMGプロヴィデンスガンダムの画像。

MGのバックパックは当初モールド多すぎだろうと思っていましたが、いやはや感覚がバグりますね(汗)

METAL BUILDを見るとMGのも大型化したくなったりしますが、そうなると大改造になりそうですね。

以上、ガンプラモデラー目線から見る、METAL BUILD「プロヴィデンスガンダム」でした。

クルピラ
クルピラ

持っていなくても学びになる事が多いアイテムですねぇ。

コメント