リニューアルMGドム製作・ラケーテン・バズ|ひたすら合わせ目消し

スポンサーリンク
created by Rinker
ミネシマ(Mineshima)
¥1,690(2022/05/28 23:46:49時点 Amazon調べ-詳細)

更新サボりすぎてますねぇ…なんとかしないと(汗)

と、言うわけでまとまった作業ではないですが今回はリニューアル版のMGドムの製作記録その1を書いてみます。

旧仕様が現在でも色褪せない名キットなので一部新規のリニューアルでも充分なキットですね、定価も大型MSながら5500円に抑えられています。

完全新規だといくらになってただろう…

しかしガンプラ作業はボチボチしているんですがブログアップまでに辿り着けない…こういうのはクセ付けないとですね。

積み上げ積み上げ!!

スポンサーリンク

ラケーテン・バズは旧仕様なのでパックリモナカ仕様

MGドムのラケーテン・バズは旧キットの物が流用されています。

ジャイアント・バズの方はMGザクVer.2.0の物が使われているのでそちらの方は凝った分割になっているのでラケーテン・バズほど苦労しなさそうです。

パーツ分割は完全モナカとなっており合わせ目がとにかく出ます、マガジンやセンサーも同じくモナカ割なのでとにかく合わせ目が出ますな。

グリップ部分は新規パーツを使用します、マニュピレーターがエモ手に置き換わってるのでそりゃそうかって感じですね。

マガジン・センサー部分、塗る予定なので速乾セメントを雑に流し込んだので見栄えが悪いですねぇ…

まだ処理が甘い所もあるので詰めていきたい所ですな。

センサー部の四角の凹部分は非常に整形しにくい形状です、私はタミヤリュータービットの平らなヤツでゴリゴリ削りました、なのでまだまだ荒いですね。

砲身部分の合わせ目はとにかく長大です万里の長城クラス…!ガンプラでこんなに長い合わせ目消しは初挑戦でした。

メカサフを吹いて仕上げる予定なので速度重視で速乾セメントを塗りたくりました。

接着後は320番の荒い神ヤスや鉄ヤスリ、ミネシマのキサゲでカンナがけで行い、神ヤスの600番をかけました。

大体の作業はできましたがやはりまだ甘いですね、詰めていき800番までかけたい所。

この作業だけでも気付けば1時間くらいヤスリ掛けしてましたわ…途方も無い作業でした。

ラケーテン・バズで特徴的な装甲部分、内側には成形時の押出しピンの後が目立ちます。

ディテールで通る…?(通りません)なのでヤスリでも無理があるので瞬間接着剤で埋めてから整形しようと思っています。

細かな所は瞬間接着剤をパテ代わりにするのは非常にオススメテクニックですよ!食いつきが良く硬化も早いですからね!

取り敢えずここまでで仕上げ作業はまた組み立てと平行しながらやろうと思います。それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました