新水性ホビーカラーレビュー HGUCジムを塗装して製作しました

f:id:kurupira141:20200206210358j:plain

以前は使いにくさや乾燥の悪さからあまり良い評判が無かった水性塗料。

しかし最近の進歩は凄まじく、アクリジョン、海外産のシタデルカラー等水性塗料達も躍進していますね!

スポンサーリンク

新水性ホビーカラーの実力を見せてもらおうか!

f:id:kurupira141:20200304102641j:plain

2019年10月に大幅リニューアルされたクレオス新水性ホビーカラー。

↑塗膜強度アップ

↑乾燥時間短縮

↑臭い軽減

といった具合に大幅パワーアップで水性期待の星として注目の塗料。

私も気になり、HGUCジムにてお試し使用してみました。

折角なのでセイラマスオ先生風でやってみた

f:id:kurupira141:20200304102532j:plain

セイラマスオ先生風にやってみようのサブプランで急ぎ足製作したので様々な所が甘々ですが、一応完成。撮影すると脚の合わせ目等処理の甘さが…(-_-;)

パステルカラーで塗装、プラバン代わりにランナータグ、ブラウン系のスミ入れ、カッターナイフでスジ彫り。

ランナータグとカッターナイフスジ彫りはどちらも曲者でかなり大変です…セイラマスオ先生の実力があってこその技術かと…

ホントにスゴい新水性ホビーカラー

f:id:kurupira141:20200304102541j:plain

それで肝心の新水性ホビーカラーの使用感についてですが、結論から言うと大分ラッカーに近付いた感じです。

ブルーはコバルトブルー+ホワイト+少量のパープルを塗料皿で様子を見ながら調色、いつも瓶生派なので慣れない調色に苦戦しました…

ホワイトはグランプリホワイトを使用しましたが発色にムラが出ました、これは撹拌不足であったと後に発覚しました。

イエローと関節等のグレーは成型色です。

つや消しクリアーも吹きましたが半ツヤ気味ですがこれも撹拌不足で後で試した時はプレミアムクリアー系のしっとりつや消しになりました。

エアブラシで塗装、希釈は1:1.5くらいで従来の水性よりラッカーに近い希釈率で吹ける感じになります。1:2でも大丈夫かと思われます。(追記)何度か使用しましたが1:2は若干薄いです。希釈のスポットは思ったより狭く、ベストな希釈にはコツが必要そうです、1:1にして薄めながら調整して感覚を掴むのがベターかと。

隠蔽力も高く成型色のレッドの上にパステルブルーがしっかりと発色しました。塗料自体の臭いは軽減されていますが、うすめ液が従来品なのでそこまでのエアブラシではあまり体感できませんが、筆塗り時だと随分違います。

1時間経たない間に指で触れるくらいに乾燥、乾いた後の塗膜はガッチリと硬くしっかりとしています。

用具洗浄にはマジックリンを使用すると臭いも無く洗浄できます。洗剤なのでしっかりとツールにマジックリンが残らない様に洗いましょう。エアブラシがとんでもなく泡立ちますのでご注意を(^O^;)

ある程度の臭いを許容できる場合は「環境対応型ecoシンナー ツールクリーナーNEXT」を使うのもアリですが、水性を使うならやはりマジックリンですかねぇ。

スミ入れにはクレオスウェザリングカラーを使用、拭き取りもウェザリングカラーうすめ液を使いましたが、下地が溶ける事はありませんでした。

エナメルも使用できるみたいですが、拭き取りにはウェザリングカラーうすめ液が安全かと思われます。

f:id:kurupira141:20200304102552j:plain

流石に可動部でガッチガチに擦れ合う部分は剥げちゃいました。ホワイト、トップコート共に撹拌不足のミスをしましたのでしっかりと撹拌をオススメします(旧水性より濃い感じで入ってるのもあるかと)

結論

よく行く量販店の店員さんが言ってましたがラッカーから乗り換えた人も居るそうです、実際それくらいのポテンシャルがあります。

ガンダムカラーの様なキャラクターカラーや特色が出ると瓶生派の私としては嬉しいですね。

私はラッカーを使える環境ではありますが、お気軽に塗装を楽しみたい時は新水性を使うつもりです。それとHGUCジムはやはり神キット…(*´ω`*)

「ジム・ジムコマンド・寒冷地ジム」HGUC1000円以下のジムで天下三分です!

ツール・テクニック
スポンサーリンク
ボチボチつぶやいています。よろしければフォローよろしくです!
ガンプラちゃんぷる

コメント

タイトルとURLをコピーしました