【新水性ホビーカラーの使い方】希釈・洗浄・スミ入れなどなど

スポンサーリンク
created by Rinker
ミネシマ(Mineshima)
¥1,460(2021/10/23 11:29:47時点 Amazon調べ-詳細)

f:id:kurupira141:20200206210358j:plain

昔は使いにくさや乾燥の悪さからあまり良い評判が無かった水性塗料。

しかし最近の進歩は凄まじく、アクリジョン、海外産のシタデルカラー等水性塗料達も躍進していますね!

そんな中クレオスから発売された様々な強化が施された「新水性ホビーカラー」を試してみました。

この記事がメインコンテンツレベルなブログなので加筆修正を繰り返しています。使用例もその内ジム君ではなく新しくする予定です。

スポンサーリンク

新水性ホビーカラーの改良点・エアブラシでの希釈率など

f:id:kurupira141:20200304102641j:plain

2019年10月に大幅リニューアルされたクレオス新水性ホビーカラー。もう2年近く経っちゃった!HJのインタビューにてクレオスさんがこれからの時代を見据えて水性に注力するとあったので今後も期待。

大きく3つの改良点

↑塗膜強度アップ

↑乾燥時間短縮

↑臭い軽減

といった具合に大幅パワーアップで水性期待の星として注目の塗料。

私もHGUCジムにてお試し使用してみました。

それと希釈濃度についてですが、これはラッカーと同じく色によって変わりますがエアブラシでの塗装時は「1:1~1:15」ぐらいですかねぇ。しかしこれは色によって粘度が変わる塗料の性質上可変していきます。

筆塗りは瓶のままでOKとありますが、少し薄めて塗り重ねた方がいいかもです。ただ部分塗装などの小面積ならそのままで私は塗っています。

エアブラシ希釈はラッカーでもそうですが塗料皿や紙コップを傾けたり攪拌棒でフチに塗料を付けて垂れ方を見て適正濃度を感覚で覚えるのが一番です。

粘度が高めで希釈が濃いとエアブラシが詰まりやすいです、ここはある程度圧力があるコンプレッサーが推奨されるのも頷けますね。かといってシャバらすと弾くし垂れるので注意、薄めすぎると修正も難しくなりますしね。

またハンドピースは0.5mmなど口径が大きい物の方が扱いやすいとの話をよく目にします。これはアクリジョンやシタデルカラーでも同じですね。

ただ0.3mmでもコンプレッサーの圧力が高めなら扱いやすさが向上します、目安としてはクレオスならL7くらいなら問題無いかと。

折角なのでセイラマスオ先生風でやってみた

f:id:kurupira141:20200304102532j:plain

セイラマスオ先生風にやってみようのサブプランで急ぎ足製作したので様々な所が甘々ですが、一応完成。撮影すると脚の合わせ目等処理の甘さが…(-_-;)

パステルカラーで塗装、プラバン代わりにランナータグ、ブラウン系のスミ入れ、カッターナイフでスジ彫り。下地は成型色からそのまま、待望の水性サーフェイサーも登場との事で水性下地は革命が起きそうです。

ランナータグとカッターナイフスジ彫りはどちらも曲者でかなり大変です…セイラマスオ先生の実力があってこその技術かと…上手くなってキレイにできると楽しそうです。

隠蔽力・発色・乾燥速度・塗料として高い水準

f:id:kurupira141:20200304102541j:plain

それで肝心の新水性ホビーカラーの使用感についてですが、結論から言うと大分ラッカーに近付いた感じです。

塗装環境はクレオスL5とプロコンBOY0.3mmです。

ブルーはコバルトブルー+ホワイト+少量のパープルを塗料皿で様子を見ながら調色、いつも瓶生派なので慣れない調色に苦戦しました…

ホワイトはグランプリホワイトを使用しましたが発色にムラが出ました、これは撹拌不足であったと後に発覚しました。

イエローと関節等のグレーは成型色です。

つや消しクリアーも新水性を使用、しっとりとした「プレミアムクリアー」や「スーパースムース」系のつや消しです。

隠蔽力も高く成型色のレッドの上にパステルブルーがしっかりと発色しました。

またニオイについては塗料自体の臭いは軽減されていますが、うすめ液が従来品なのでエアブラシではあまり体感できませんが、筆塗り時だと随分違います。

1時間経たない間に指で触れるくらいに乾燥、乾いた後の塗膜はガッチリと硬くしっかりとしています。ラッカー系ほどの乾燥速度とはいきませんが水性ではかなり改善されたかと思います。

水性サーフェイサーも使用してみました。レビュー記事は以下からよろしければどうぞー

【新水性レビュー】水性サーフェイサー使いました・ラッカーと比較も
通販で届いてから機会が無く眠っていた水性サーフェイサーですが、今回使ってみました。商品はグレーとホワイトがあり...

使用するうすめ液・オススメはガイアノーツ

うすめ液についてはタミヤ・クレオスの既存の水性アクリルの物が使用できます。

私は水性を使う場面も徐々に増えてきたのでガイアノーツのアクリル溶剤を使用しています、これの上記メーカーとの違いは「水」が添加されていないので純粋に溶剤の成分が濃そうなので。

実際ある程度の乾燥速度の促進がみられました。田舎だと入手難度が高めになりますがコスパも良いのでオススメです。

created by Rinker
ガイアノーツ
¥554(2021/10/23 12:23:07時点 Amazon調べ-詳細)

塗装に失敗しても簡単やり直し

マジックリンやマイペットは新水性の塗装を剥がす時にリムーバーとして使えるので新水性を使用する場合持っていて損は無いかと思いますよ。用具洗浄にも使えるスゴイ奴です。

失敗してもこれらで簡単にドブンできるのは水性の強みですね。

他に用具の洗浄である程度の臭いを許容できる場合は「アクリジョンツールクリーナー」が実は対応しておりますとクレオスさんからTwitterにて発表がありました。

スミ入れにはクレオスウェザリングカラーを使用、拭き取りもウェザリングカラーうすめ液を使いましたが、下地が溶ける事はありませんでした。

エナメルも普通に使用できます、しかしリスクが怖いなら拭き取りにはウェザリングカラーうすめ液が安全かと思われます。

またガイアノーツのエナメル溶剤も成分的にプラに優しい模様ですね。

f:id:kurupira141:20200304102552j:plain

流石に可動部でガッチガチに擦れ合う部分は剥げちゃいました。ちょっと撹拌不足のミスをしましたので基本に忠実でしっかりと撹拌をオススメします(旧水性より濃い感じで入ってるのもあるかと)

スミ入れ・トップコート・洗浄について

スミ入れは「ウェザリングカラー」を使う。または「エナメル」でも使用する事ができます。

トップコートは「ラッカー系」を使用する事も可能ですが、溶け出す可能性があるので砂吹きをしてじっくり馴染ませていきましょう。特にトップコートは水性では好みの物が無かったり塗膜強度を求めラッカー系を使いたい事もあるのでコートは慎重に。

水性塗装でのエアブラシなど用具の掃除は「マジックリン」や「マイペット」などの洗剤で洗浄可能。薬液が若干マイルドで性能も充分な「マイペット」の方に時代はシフトしだした感じがします。私も現在は「マイペット」です。

スミ入れ塗料については別記事にてまとめました。

【新水性ホビーカラー】のスミ入れ塗料について
発売からある程度時間が経ち、性能の高さからラッカー系から乗り換える人も居るクレオス【新水性ホビーカラー】...

ガンダムカラーも登場

2021年の9月からガンダムカラーもラインナップに加わります。RX-78系やシャアカラーにティターンズカラーが予定されています。ティターンズカラーはカスタムカラーに便利になので非常にありがたい!

個人的な結果感想

よく行く量販店の店員さんが言ってましたがラッカーから乗り換えた人も居るそうです、実際それくらいのポテンシャルがあります。

私はラッカーを使える環境ではありますが、新水性にはとても可能性を感じます。ラッカー系って使わないでいいならそれに越したことは無いって気持ちはどうしてもありますからね。これからのモデリングライフで徐々に切り替えていく事も視野に入れています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました