深夜のガンプラ部 HGUCギャンを組立て

スポンサーリンク
iconicon
スポンサーリンク

Twitterにてよくギャンの画像を見かけてウズウズしてると積みプラの中にHGUCギャン(リバイブ版)が…

おいさんは非常に流されやすい性分なので勘弁してください(;^ω^)
深夜部なのでサクサク短めにいきまーす!

スポンサーリンク

これは天啓、作り出した

クウガやオリジンガンダムetcの作業が残っているのにまた新しいキットを作り始めてしまいました(^O^;)

胴体にディテールアップをボチボチするも気に食わないのでパテ&サフで戻しました、塗装ブース2号機くんの調子がすこぶる良く(塗装ブース自作記事こちら)、静音性も高く塗装後も回し続ける事で換気してくれます(元々換気扇改造)

いや、うん、素で普通にカッコよすぎるね!(*´ω`*)

パーツ分割も工夫されてたりパーツ数も丁度良いので量産したくなりますよ、お値段もお手頃♪

今回頭部にスジボリを追加、ええ気まぐれですハイ。

やり方はガイドテープとスジボリカーバイトで彫りましたテープ貼りが目分量だったので左右若干ズレちゃいました…

胸部をいじってた時に両脇のミゾを彫り直したのですがサフを吹くとキッチリスジボリが主張してくれるのでやはり彫り直しや逆エッジを彫るのは大事だと学びました(`・ω・´)ゞ

それと以前から所有してましたが塗装すらあんまりしなくて出番が無かった「ガイアノーツ メカサフライト」を関節等グレー部分と修正した胴体に吹きました、エアブラシ使用機会がドンドン増えますイイ事だ!(*´ω`*)

キメ細かなグレーです、色合いもガンプラに丁度よい塩梅。
塗膜強度アップと公式のオススメ通りプロユースシンナーで希釈しました、ドロリとしていたので薄めの1:2で希釈、隠蔽力が高くササッと色がノッてくれますね。

関節部はこれ1本でサフと塗装を兼任できますねぇ、ただ下地として鮮やかな赤や青などは厳しそうです(どのグレーサーフェイサーにも言える事ですが)

動かしてみて剥がれもみられないので関節塗装もサボらず恐れず塗装できそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました