名機クレオスL5コンプレッサーにエアタンクを付けてみよう・L5が覚醒するぞい

icon icon icon icon icon icon
ツール・テクニック

今回はプチ実験的なテストをしました。

模型向けコンプレッサーとして名機・ロングセラー商品である「クレオスL5」にエアタンクを取り付けてみようという記事です。

エアタンク…L5に付けると見事に化けますね。

安定した圧力と風量を手に入れる事ができる

エアブラシ用エアータンク

今回取り付けたエアタンクは「RAYWOOD PROFIX AIR-SYSTEMS エアブラシ用エアータンク T-25 2.5L」普段は「ニトロコンプレッサーV1」に接続してそちらをメインに使っています。

このエアタンクを「クレオスL5」に取り付けてみてのテスト運用。

テスト環境としてハンドピースは「クレオスプロコンBOY LWA0.5」を使用、0.5口径ならば結果も分かりやすそうかつ0.5を安定して吹けるかはエアブラシで大事なゆえに。

サブ機として運用中のL5、やはり静かだし軽い塗装作業の際に現役で活躍中です。

L5通常運用での圧力

タミヤのレギュレーターをかましているので圧力計で測定、ハンドピースからエアを出さないと0.15Mpaの状態になっています。

そこからハンドピースからエアを吹くとメーターがギューンと下がり大体0.08Mpaまで下がります。

この吹きだして0.15Mpaから0.08Mpaへ落ちていくラグが塗装していると結構気になったりします。

エアタンク接続測定

こちらがL5+エアタンクに接続しての圧力、レギュレーター&水抜きドレンはエアタンクに最初から付いています。

こちらは黒い線の「bar」が目安となり「1bar」=「0.1Mpa」なので簡単に置き換える事ができまする。

なのでこの圧力は大体「0.12Mpa」くらいになる感じですな。

そして吹いてみると…もう画像が要らない結果に、レギュレーターの針はビクともしませんでした。

結果的に完全に安定した圧力、と言うよりL5の最大圧力で常に吹けるっていう事ですかね。

吹き始めや吹き続けても微動だにしないメーターは安心感や心強さが半端ないです。

風量も直接接続より遥かに多く安定した吐出量となっており、L5ではギリギリと言われる0.5mmのハンドピースでも全然対応できます。

むしろ直付けの風量だとやっぱり心もとなさを感じました。

タンクに溜まるエア量

エアタンクについているエア量を示すメーター、こちらも「bar」が単位。

こちらも「1.2」辺りを示しているのでL5のパワー分の貯蔵が限界となっています。

連続稼働だから溜まり続けて破裂しそうという事はありません、コンプレッサーの圧力分までといっといった所でしょうか。

クルピラ
クルピラ

0.5ピースはギリギリだったのあのL5が覚醒しました、今回のテスト結果からするとメインをL5+エアタンクにするのも視野に入るレベルでした、元々高圧吹きはあまりしないタチでもありますので。

コメント

タイトルとURLをコピーしました